余裕の範囲だけで関わる

+Share... Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestEmail this to someone

親の世話を焼くことが習慣になってしまっている場合、反射的に「他者に対して何かをしてあげたい衝動」にかられる人も多いようです。ですが、いったん衝動をおさえて、まずは自分の健康と安全を冷静に確保して、残りの余裕の部分だけで毒親と関わることをおすすめします。

余裕の範囲で親と関わる

毒親は直らないと覚悟する」でも書きましたが、毒親に正面からどっぷり関わると、本人が疲れて精神的に参ってしまいます。

コメントを残す